Elme|美容院 美容室 ヘアサロン 青山 表参道 |エルメ

contact
facebo0k

Owner's column

第21回 我が心の師


Elme代表の武田です。

こちらのコンテンツは「owner's column」としてElmeの日々のこと、お客様との日々のこと、髪のことやあんなことやこんなことを武田目線で書いていきたいと思います。

武田が担当させていただいてるお客様も、そうでないお客様も、Elmeのすべてのお客様にもっともっと美容を、そしてElmeのことを好きになっていただけたらとても嬉しく思います。



先日、作家の川上未映子さんにご来店いただきました。

 


芥川賞、中原中也賞、紫式部文学賞....など、そのほかにも多くの文学賞を受賞されていて、もちろん世の中にはたくさんの名作家の方がいらっしゃいますが、その中に確実に名を連ねる作家のお一人でしょうし、ご存知の方も多いかと思います。

それ以外にもテレビや映画出演、雑誌の連載に講演会など多岐にわたりご活躍されているそんな川上さんの髪を担当させていただくようになって、ありがたいことにもう10年近く?になります。


実は自分は、昔から本が好きで、その時々で読みたいものがあれば買って読んでをしてきました。

今は、読みたいのがあったらスマホでワンクリックで早ければその日のうちに届くし、その場ですぐに読みたければ、電子書籍でダウンロードしたりもできるので、とにかく気になるなって書籍はもれなく目を通すようにしています。

ただ昔から自己啓発的なものが苦手であまり読まなかったのに、最近はなぜかちょっと気になっちゃって読んでみたり(病んでるのかな)、立場的にビジネス書を読むこともあるし、小説ももちろん読むし、なので最近はジャンルとしても幅広く、読みたいと思ったものを読むといった感じです。

とはいっても圧倒的に読むことが多いのは小説にはなりますが。

数ある文学賞のなかでも、受賞者が毎回テレビやネットのニュースなんかでも流れる芥川賞、直木賞はメジャーな賞なので、情報として入ってきやすいのもあり、そのときに気になった作家さんがいたらちょっと読んでみようかなぁなんて、


川上さんも、2008年に芥川賞を受賞されていて(31歳のとき?ですかね?すごいなぁ...)

自分は、川上さんが受賞された日、そのときにはじめてテレビのニュースで川上さんをお見かけしました。

その時の感想は、

めっちゃきれいな人っ!っていう

ただただそのインパクトが強かったです 笑


そして、受賞作品の「乳と卵」を買って読み、川上さんの見た目と作品のギャップに川上ワールドに圧倒されたその数カ月後に、自分が出ていた雑誌かなにかをみて川上さんがご来店されるという...

もうその時は運命すら感じましたね 

それから10年近く、川上さんの髪を担当させていただき、

自分の周りの環境も、10年もあれば目まぐるしく変化して、自分も28歳から今年38歳になるこの10年間でその時々でいろいろと大きな選択や決断をしてきたわけですが、節目節目に川上さんからひとこと、何かひとことをいただいて、武田くんええやん、すごいやん、と言っていただけたこと、その時々でいただいた言葉は今も大切にしていますし、私の一生の宝物です。

川上さんご自身も、

その後ベストセラーの「ヘヴン」をはじめ、数々の作品を世に出していらっしゃいました。
川上さんの10年を恐れ多くも近くで見させていただきましたが、エネルギッシュな生命力というか、活動というかを感じれて勝手に人生の師として崇めさせていただいております 笑

自分的には長編とかじゃなく、あれなんですが、川上さんの子育てエッセイ「きみは赤ちゃん」 これ最高です。大好きな本。ぜひご一読ください。

    


あと、
以前ご自身のブログにElmeのことを書いていただいて(この記事でかなりの川上ファンの方々にいらしていただきました...反響すごかった...)

http://www.mieko.jp/blog/2014/09/04/482.html


その時のこのおかっぱヘア、

 


確かに素敵。

川上さん自身、とてもおしゃれな方ですのではたして次はどんな髪型にチャレンジするのか...楽しみですね!

これからさらに10年、川上さんのご活躍を近くで見させていただこうと思っておりますが、なにとぞ私の人生の節目節目にもよきアドバイスをこれからもいただけたならとても嬉しく思います!
 

Recent post

Category

Archive

< 戻る 567891011121314 次へ >