Elme|美容院 美容室 ヘアサロン 青山 表参道 |エルメ

contact
facebo0k

Owner's column

第15回 デザインを楽しむ


Elme代表の武田です。

こちらのコンテンツは「owner's column」としてElmeの日々のこと、お客様との日々のこと、髪のことやあんなことやこんなことを武田目線で書いていきたいと思います。

武田が担当させていただいてるお客様も、そうでないお客様も、Elmeのすべてのお客様にもっともっと美容を、そしてElmeのことを好きになっていただけたらとても嬉しく思います。



ヘアスタイルは、

ショートからロング、重めもあれば軽めもあり、短い前髪に長い前髪、黒髪に金髪、ストレートにウエーブ、そしてボウズに刈り上げ、

そして、さらにそれらの要素を組み合わせることでよりたくさんのデザインをつくることができます。

いろんな組み合わせを楽しみ、いろんなヘアスタイルにチャレンジされている方も中にはいらっしゃいますが、ほとんどの方が数種類の組み合わせで数えるくらいのヘアスタイルしか楽しめていないのではないでしょうか。

お仕事などで、明るくできない、髪を結ばなくてはいけないなどの制約があったり、立場的にやりたくてもできないということもあるでしょうし。

なにより、

そもそもその髪型、わたしに似合う?

というのが一番の理由ではないかと思います。

というわけで、

今回は「似合わせ」というお話しを。


洋服もそうですが、顔立ちや体型によって似合う似合わないがあります。

モデルなんかを仕事にしてる方で、よっぽど顔立ちも整っていて、スタイルもよければどんな洋服でも着こなせそうですが、なかなかそんな方ばかりじゃないでしょうし。

髪型の場合、同じくお顔立ち、体型も重要ですがこれに洋服、メイクとのバランスなんかも重要になってきます。

これらを総合的に見ながら似合うヘアスタイルを考えるわけですが、実はまだヘアスタイルをつくるうえで忘れてはいけない重要な要素があります。


それは髪質顔型です。


わたしの髪でできるのか?わたしの顔の形でできるのか?

そこを気にされている方も多く、確かにそこは似合わせにおいては重要な要素といえます。



まず髪質ですが、



硬い、柔らかい、太い、細い、クセあり、クセなしなど、クセにもいろんな種類がありますし髪質ひとつとっても多種多様です。

短くするのに向かない髪、長くするのに向かない髪、軽くするのに向かない髪、重くするのに向かない髪、カラー、パーマに向く髪、向かない髪、

実際に視診、触診、問診をさせていただかないとわかりませんが、髪には必ず向き不向きがあります

ただ、カラー、パーマ、トリートメントなどの薬剤や技術自体が日々進歩していますので、そういったものをうまく取り入れることによって、今までチャレンジできなかったスタイルにもチャレンジできるようになってはきています。

ストレートパーマにはいいイメージがなくて、、カラーするとこうなりそうで、、

と否定から入らず、ご相談いただければ最適な施術をご提案させていただきます。

実際になんでもっと早くやらなかったんだろう、とおっしゃるお客さまも多くいらっしゃいますので、ひと昔前とは比べものにならない薬剤と技術の進歩を信じていただくのもひとつかなと思います。

とはいえ...

どんな施術をもってしても、やはり元の髪質を大きく変えるには限界があり、どうしてもご希望のヘアスタイル、ご要望にそえない場合もありますので、そこは無理をせず、そのお客さまの髪質でできる最善のデザインをご提案させていただきたいと思いますのでまずはご相談から。


残念ながら、髪質しだいではできないものはできません。


そこを強引にもっていくよりも、最初に書きました色々な要素をうまく組み合わせることでできる他のデザインも多くありますので一緒にベストデザインを探していきましょう。




あと、顔型です。




丸顔、面長、エラ張りなど、いろんな顔型がありますが、

確かに顔型によってはこのスタイルは合わせにくいなというものは実際にあります。

ありますが、これは切る側の技術、切り方が重要です。

残すところと切るところの見極め
さえすればさほど問題はないかと思っています。

「わたしはこういう顔型だからショートは無理...」

という方も多くいらっしゃいますが、ショートと一言でいってもいろんなショートがあります。前下がり、マッシュ、レイヤー、ボブベース、パーマ、前髪長めなど、

それらいろんな要素を組み合わせることで、その顔型に合わせたショートにすることは可能です。

ショートだけに限らずどのヘアスタイルにおいても、ほんの一例ですが、おでこを出す、頬ラインに落ちる毛束を作る、トップにボリュームを出す、首回りにくびれをつくるなど、切り方次第で顔型はほぼカバーできると思っています。

「わたしは丸顔だから前髪作るの似合わない...」

それは確かに丸く重くパッツンで切れば顔はよりまん丸になってしまいますが、逆に毛先を不揃いにカットして隙間、軽さを出せばそれだけで丸さを解消することも可能です。


要は切り方です。


というわけで、挑戦してみたい髪型がありましたら、まずはElmeの担当デザイナーにご相談ください。必ずや似合うデザインを提案してくれるはずです。

Elmeの似合わせ力を信じてこれからもいろんなデザインにチャレンジしていただきたいと思います。


そろそろ春もやってきます。

春のデザイン楽しみましょう!

Recent post

Category

Archive

< 戻る 567891011121314 次へ >