Elme|美容院 美容室 ヘアサロン 青山 表参道 |エルメ

contact
facebo0k

Owner's column

第23回 桜の季節に

Elme代表の武田です。

こちらのコンテンツは「owner's column」としてElmeの日々のこと、お客様との日々のこと、髪のことやあんなことやこんなことを武田目線で書いていきたいと思います。

武田が担当させていただいてるお客様も、そうでないお客様も、Elmeのすべてのお客様にもっともっと美容を、そしてElmeのことを好きになっていただけたらとても嬉しく思います。




わが家のこどもたちも学校、幼稚園の新学期がはじまり、やっと家の中が静かになってきました。

4月は毎年恒例のElmeのお花見からはじまり、毎晩のように打ち合わせやミーティングでほぼ深夜帰りの一週間となりましたが、
 
まあ、新年度のはじまりということでこんなもんでしょうか。
 
先週は初めましての方、お久しぶりの方と、いろんな方とお会いしました。

どう進んでいくかはまだわかりませんが、新しいお仕事のお話もいただいたり、

 

Elme内でも新たな試みも考えていて、そのあたりをスタッフ間で意思共有したり、
 
 

ご近所のイケイケ美容師さんたちと熱く語りあったり笑



とまあ、こんな感じでなにかとお仕事(飲み)させてもらっていました。

サロン自体はやはり3月に比べると少し時間の余裕も出てきて、この4月の春の陽気もあいまって、自分の頭の中のなにかぐるぐると落ちつかないものを整理するにも、ホッと一息、いい時間の流れとなっております。
 

そして自分もこの4月から美容師18年目に入りました。

長いようであっという間の18年。

時の流れは想像以上に速く、一瞬たりとも待ってくれないので、やはり後悔だけはしないように、失敗しようがなにしようが、やりたいことがあればチャレンジしていかないと。





先日、お花見をしたときに、

なんでこんなに桜を見るために人は集まるんだろうねって話を誰かとなんとなくしていて、
散りぎわがいいからだとか、一瞬しか花を咲かせないからだとか、はかなさがいいだとか、

やっぱりすぐに散るからこその、一瞬の美しさだからこその美学でしょみたいな、そんなよくわからない意味のない議論で盛りあがってましたが、

桜のように一瞬で散るのはもちろん嫌だけど、それでも一瞬でも輝ける、そういうなにかしらの美学を感じれる、感じてもらえるそんな生き方がしたいなぁと思ったin上野公園。笑

この季節がくるたびに、わくわくドキドキな期待感と、よし!やるぞ!という使命感と、またひとつ仕事でのキャリアが積まれていく責任感と、
そしていろんな感情がわいてくるこの春という季節は、いい緊張感があって改めて好きだなぁと思います。


さて、

新年度のスタート。

先日のミーティングではスタッフからもいろいろと、ありがたく、厳しく、そして頼もしい意見をいただきました。

気持ち新たに、18年前のあの若かりし頃を思い出し、希望いっぱい夢いっぱいのあの初心を思い出し、また、イチからスタートするつもりで進んでいきましょうか。

また来年も、こんな気持ちで上野の桜を皆で見れているのであれば、これまた素晴らしい19年目を迎えていることでしょう
ね。

始まったばかりのこの季節をもう少し楽しみながらも、これから来る新しい季節に向けて、一歩一歩確実に、でも少しスピードは上げながら、準備をしっかりやっていこうと思います。
 
 

Recent post

Category

Archive

< 戻る 3456789101112 次へ >