Elme|美容院 美容室 ヘアサロン 青山 表参道 |エルメ

contact
facebo0k

Owner's column

第22回 最高な日

Elme代表の武田です。

こちらのコンテンツは「owner's column」としてElmeの日々のこと、お客様との日々のこと、髪のことやあんなことやこんなことを武田目線で書いていきたいと思います。

武田が担当させていただいてるお客様も、そうでないお客様も、Elmeのすべてのお客様にもっともっと美容を、そしてElmeのことを好きになっていただけたらとても嬉しく思います。




先日、3/30に倉林の結婚式がありました。

 

Elmeを立ち上げてから、初めてのスタッフの結婚式、それも、オープニングスタッフとして働いてくれている倉林の結婚式ということで、自分的にも、とても感慨深い1日となりました。

それも光栄なことに主賓としてご招待、祝辞のご指名もいただきました。

 


本当にありがとうございました。


正直、主賓挨拶は初めての経験でしたのでかなり緊張しましたが...

それも、場所は帝国ホテル、100名近い来賓の方がいらっしゃいましたので、もう、その雰囲気だけで圧倒されそうでしたが...

でも、その中にはElmeスタッフもみんないて、Elmeにご来店いただいている倉林のお客さまも数名来ていただいておりましたし、実はわたしの妻の父が帝国ホテルのレストランに勤務しており...式に顔を出してくれたりして、なんとか身内感を感じ、雰囲気に飲まれず挨拶できました 笑

 

祝辞でも述べましたが、ほんとにお似合いの素敵なご夫婦で

  

倉林も、ほんっとに綺麗で、美しかった...
 
旦那さんも、いつも髪を切りに来ていただいてますが、顔よし、性格よしの非の打ち所のないとても素敵な方です。
 
ご両親はじめご親族の皆さまも、とても嬉しそうで幸せそうで、

  

あぁ、なんて素晴らしい結婚式...のひとことでした。



祝辞の言葉を考えているときに、倉林との思い出を色々と思い返していて、

ああ、こんなことあったなぁとか、みんなでこんなとこ行ったなぁとか、色々迷惑もかけたなぁとか、

思い返せば返すほど彼女の素晴らしいところがどんどん出てきて、いつも近くにいるから当たり前になってしまっているところがあって、ああ、もっと日々感謝しないとだなぁ、とか、

Elmeを立ち上げていないと、倉林にも出会っていないし、この思い出ひとつひとつもなかったんだなぁ...とか、

ひとり事務所でしんみりしながら原稿書いてましたけども、

書いてるうちに、言いたいこと伝えたいことがあふれすぎて、最初に作った原稿が読んでみたら7分くらいになって、長すぎる祝辞は嫌われるだろうと修正して、でもここは言いたいなとかやっていたら結局、式前日の夜中に完成して、練習してたら朝方になってるという...笑

なんとも初めての祝辞は大変な部分もありましたが、思い出を振り返ってる時間はとても素敵な時間でもありました。

祝辞自体は倉林も喜んでくれたみたいなので、まあ、良かったかなと...

練習ではほんとはもっとうまくできてたけど、笑

と、少し反省もありますが、一度こういったことを経験させていただけましたので、次はもうちょっと余裕をもっていけそうですので、さあ次は誰の祝辞を読みましょうかね!


というわけで、

そんな初めてのスタッフの結婚式でしたが、

彼女のご両親への手紙、ご家族への想い、素晴らしい手紙だったなぁ...

最後は彼女の涙にやられました。

 



くらちゃん!本当におめでとう!末長くお幸せに!

Recent post

Category

Archive

< 戻る 12345678910 次へ >