Elme|美容院 美容室 ヘアサロン 青山 表参道 |エルメ

contact
facebo0k

Blog

透明感を忘れずに むっちょすカラー

2017630

こんにちは(^o^)
Elmeの井上です♪

 

今回は一ヶ月半前に「#むっちょすカラー」したお客様のビフォーアフターです!

 

 

実際にこちらは、一ヶ月半前にご来店頂いた方です。
カラー直後は↓

IMG_9029

 

お客様からのご要望は

•暗くしたい。

•寒色系がいい。

•透明感がほしい。

 

と言うことでしたので、今回は、アッシュをメインに透明感の出るグレーを入れることによりナチュラルに見せています。そして黄色味を消す補色として、ほんのりブルーブラックとヴァイオレットを入れています。

 

 

補色は入れすぎると暗くなりすぎてしまうため、分量は大切です。

※お客様の髪質により配合は変えています。

 

 

 

髪色が暗くても重くみえない透明感カラー、色落ちも二度楽しめる#むっちょすカラーの完成です(^o^)✌︎

そして、一ヶ月半後。

 

IMG_9028

 

•カラー直後   •カラーして一ヶ月半後

 

IMG_9112

 

 

カラーが落ちてきて汚く見えるのが嫌な方でも、1ヶ月経って色落ちしても二度楽しめるカラーとなっています。

 

 

実際にElmeにご来店いただき、しっかり髪質を診断し普段のライフスタイルなどをお聞きした上で、カラー剤を調合していますので、お客様それぞれに合ったカラーをご提案させて頂いています(^^)!

 

宜しければInstagramにもスタイル多数掲載中です♪良ければ、@mucchosu

ご覧下さい☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

 

 

 

 

ハイライトやローライトなど、カラーのご相談も、、、

詳しくは、LINE(ID:muchaaaaaa)やInstagramのメッセージにて、気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

Elme井上 [表参道 美容師]

デビッド・ボウイと山田〜グラムロック〜

2017628

こんにちは山田です

 

image

夏といえば一夏のアバンチュール

僕はいつでもアバンチュールと言ったら女の子にビンタされたことがあります

 

はい

 

 

今日も始まる山田のファッションカルチャー

さて♪今日は♪

 

グラムロック

 

 

グラムロックとはなんぞやって

 

昨年、死没してしまったデビッド・ボウイは皆さんご存知でしょうか?

 

 

そのデビッド・ボウイが最も有名とされるグラムロックの先駆者なのです。

image

 

それでは

 

 

 

グラムロックは、主にイギリスで1970年代前半から中盤にかけて流行した、ロック・スタイル。

由来は、魅惑的であることを意味する英語の”glamorous”から来ている。

日本のロックやファッションシーンにも影響を与えた。

 

とウィキペディアには記述されていますね。

 

 

ファッションの一つのジャンルでもあります。

本国日本ではあまり馴染みがありませんが、コレクションやショーなどではよく使われたりします。

 

ピタピタのスキニーにヒールブーツ、煌びやかなジャケットというスタイルです。

image

 

パッと聴いただけだとヘンテコなジェンダー的な要素が入ってると思われますが、デビッド・ボウイはその端正なルックスと衣装で世間を虜にしました。

 

 

デビッド・ボウイって?

 

 

1947年1月8日生まれ。本名はデヴィッド・ロバート・ジョーンズ(David Robert Hayward-Jones)。
ロンドン南部ブリクストンの出身。
当時の彼の、赤くとんがった頭髪に眉毛を剃って、青いカラー・コンタクトを入れ、紅を塗った顔、歌舞伎を思わせるような東洋的な衣装というルックスは、若い女の子のハートをいとも簡単にかっさらった。「男なのか、女なのか分からない」というのは、60年代初頭に、ビートルズもストーンズも言われた事だったが、ボウイの場合本当に分からなかった。それどころか地球人なのか宇宙人なのかも分からないといった感じだった。それは彼の生まれながらに持っていた両性的な魅力と、その魅力を最大限に活かす為に練られた緻密な計画による賜物であった。

 

 

image

そして最も有名なのは1972年から73年にかけてのグラムロックのスターとしての活躍であるが、その後もアメリカでジョージ・オーウェルの小説を元にアルバムを制作したり、ジョン・レノンとシングルを共作したり、フランク・シナトラに「オカマ野郎」と言われたり、薬物中毒に苛まれながら「ソウルのこもっていないソウル・ミュージック」を模索したり、その薬物中毒を治すために行ったベルリンで、ジャーマン・ロックを取り入れた実験的なアルバムを作成したり、帰ってきたと思ったら超ポップな曲を大ヒットさせて昔からのファンに疎まれたり、『戦場のメリークリスマス』に出てみたり、突然質素なバンドを組んでコケてみたり、猟奇殺人をテーマにしたダークなアルバムで再度切れ味を見せたり、とても年齢相応に見えない超絶イケメンな姿で来日したりした。これが2004年までのこと。
しかしその来日を含む世界ツアーの最中に心臓病を患い、残りの公演をキャンセルして緊急入院する。それ以来ボウイは創作活動に消極的になってしまい、2006年にデヴィッド・ギルモアやアリシア・キーズのライブにゲスト出演した以外、表立った活動をしなくなってしまった。
彼を知る多くの人物から「彼は音楽活動への関心を失っている」という証言が相次ぎこのまま引退かと囁かれていた中、2013年の66才の誕生日に突如新作『ザ・ネクスト・デイ』を3月に発売することを発表。『リアリティ』以来実に10年ぶり、通算30作目となるスタジオ・アルバムで復帰を果たす。
その後、ベスト・アルバム『ナッシング・ハズ・チェンジド』を発表するなど復帰は順調かと思われていたが、2016年1月10日に癌により死去した。享年69。2日前の誕生日にアルバム『★』(ブラックスター)を発表した矢先であった。

 

日本との関係
ボウイを語る上で外せないのが日本文化への傾向である。ボウイは60年代にロンドンで舞踏家のリンゼイ・ケンプからレッスンを受けており、そこで彼から歌舞伎や能などの文化を教わったことがきっかけとされる。
そのため日本が高度経済成長を迎えたばかりで大規模な音楽市場とは言えなかった70年代当時から、表現にあらゆる日本文化の要素を取り入れていた。
とりわけ『ジギー・スターダスト』や『アラジン・セイン』に代表されるグラムロック期の衣装やメイク、キャラ作りにも顕著に現れている。日本人デザイナーの山本寛斎が手掛けた歌舞伎を彷彿とさせる衣装を着用し、歌舞伎役者の五代目坂東玉三郎に女型の化粧を教わったこともあるという。また中性的で妖艶な振る舞いや、曲中の早変わりパフォーマンスなどにも歌舞伎の影響が見て取れる。
名盤『Heroes』のジャケットは日本人写真家の鋤田正義が撮影したものであり、また真偽の程は定かではないが、『アラジン・セイン』の稲妻はナショナルの炊飯器に付いていたマークに着想を得たという説もある。
京都に別荘を所持しており、1980年前後には数ヶ月滞在していた。「行きつけの京都の喫茶店でボウイが世界的なスターであることを知らない女子高生の英語の宿題を手伝ってあげた」という真偽不明のエピソードも存在する。この頃撮影された写真は必見。
P-MODELのライブにボウイが一般客として訪れており、ライブ終了後楽屋にやって来たというエピソードが平沢進の口から語られた。平沢進はギターの裏にサインをしてもらったとのこと。

 

image

 

 

音楽的には全く違うが、今のヴィジュアル系や、マリリン・マンソンの元祖だ。

 

 

俗に言う日本でのヴィジュアル系は見た目を売りにしてることが多い。

勿論それが全てではないが、これだけは唯一言えることがある。

今も昔も、ルックスで一番売れたのはデビッド・ボウイだ。

 

私もそんな彼みたくルックスで売れたいです。。。

 

image

スタッフメンテナンス✂︎

2017628

おはようございます🌞坪井です^^.

 

最近後輩のアシスタントの子達がメンテナンスをお願いしてくれます☺️

 

カラーだったり
IMG_4556

 

カットだったり

 

IMG_4590

 

スタッフにメンテナンスをお願いされるのって嬉しいものですね😊

 

一緒に働いていて、自分の技術を見てくれていて、それでお願いしてきてくれる。

 

これって幸せな事だと☺️

 

これからも後輩の子達にお願いされる様、サロンワークで可愛い、かっこいいスタイルを作っていきたいとより思います🙌🙌

楽しい時間♪

2017627

 

こんにちは!アシスタントの西尾です😊

先日、姉妹店Siiでまつ毛エクステやネイル

等を行なっているgrand~duaグループの

皆さんとビアガーデンにて、とても楽しい

時間を過ごしました!

IMG_1215

 

お仕事の話はもちろんですが、普段なかなか

聞けないプライベートなお話もたくさん

できました^ ^♡

 

このような楽しい時間を過ごせるのは

いつもお店に来てくださるお客様の

おかげです!この交流でより団結が強く

なったElmeグループ、grand~duaグループを

これからも、どうぞよろしくお願い致します!

 

 

ありがとうございました!

接客勉強会

2017624

こんにちは!

Elmeの倉林です^_^

 

 

美容師という職業に就いて、早13年目。

接客業にとって大切なことを

日々いろいろと感じる中、

まだまだ足りていないなと感じる部分が

たくさんあります。

 

 

わたしもどこかお店に行った時には、

やはり店員さんの接客が気になり

あまり良くない接客を受けると

せっかく楽しかった気分も

台無しになってしまうことが時々あります、、

 

 
Elmeにお越しいただくお客様には

そんな思いをさせたくない!

 

楽しくて、居心地の良い時間を

過ごしていただきたい!

 
そんな風に思ってElmeでは、

より良い時間をお客様に提供し

居心地の良い時間を過ごしていただく為に、

スタッフみんなの接客を見直す時間を

作っています!

 

 

『接客勉強会』

 

 

ロールプレイングで

しっかり言葉遣いや表情、知識などの

確認をして、指摘する、、!

 

接客業に欠かせない

自分を見直す

とても大切な時間だと思います。

 
これからもお客様にとって

ずっと居たくなるような

そんなお店を目指して

Elmeスタッフ一同

お出迎えさせていただきます!

 

 

これからもよろしくお願い致します!

 

 

IMG_6772

 
Elme 倉林

表参道カフェ×むっちょす(サンドウィッチ編)

2017623

こんにちは!

なんだか毎週のように表参道のカフェ巡りをしている井上です(^^)笑

 

 

 

なんと今回ご紹介させていただくのは、
表参道A3出口から徒歩30秒の駅チカ。

 

IMG_8983

 

です!!!

 

IMG_8979

 

 

盛り盛りのトーストサンドウィッチはイートインはもちろんのことテイクアウトも出来るので、ぜひお家でゆっくり食べても良いですよ♡♡♡

サンドウィッチの種類はたくさん!

自家製ジンジャーエールも、、

 

IMG_8976

 

待ち時間も作ってるところを見れるので楽しめます♪

 

 

IMG_8977

 

これから梅雨の時期で大雨の日でも駅チカなので、スッと入れてオススメです^o^)笑

 

 

IMG_8978

 

サンドウィッチでお腹を満たしたら
Elmeへ てくてく、、、

 

 
スタッフ一同元気にお待ちしております)^o^(♪

 

 

Elme 井上

しましま

2017623

 

 

おはようございます🌞

アシスタントの井門です!

 

 

先日のスタッフコーデ👖↓

IMG_0940

 

 

こんな事あるんだ、、

と思うかも知れませんがこれ、

全部小熊さんの仕業ですね💁🏼(笑)

 

 

私がボーダー×デニムは絶対被ると思って

前日フリかのように小熊さんに

念を押したのが間違いでした、、(笑)

 

 

まんまと山田さんにも伝わり

3人でおそろコーデに😂💫

 

 

またスタッフコーデ更新します📸

お楽しみに✌︎(笑)

 

 

愛と平和と山田〜ヒッピー〜

2017621

こんにちは山田です!

 

image

 

夏が呼んでると天からの日差しから伝わりますが、誰もお前を呼んでないとリアルでは言われます。

 

 

今日はヒッピー文化について触れていきたいと思います

 

 

 

ヒッピーとはなんぞやだったり、少し前に流行した70年代風のファッションをもう少し深く掘り下げます。

 

 

実際70年代風ファッションが流行ってるから〜っていうのは私自身あまり関心が持てません。

 

 

はいそれでは!!

 

 

 

ヒッピーという言葉は、どこかで耳や目にはしていても、またなんとなくイメージすることはできても、本来のヒッピーがどんな目的を持ち、どんな活動をしていたかを知る人は多くありません。また、「自分はヒッピーだ」とカムアウトしている多くもまたはありません。

しかしヒッピー文化は、現在急激にその名が知名度を上げている「バックパッカー」と切っても切れないつながりを持っています。その関係上、ヒッピー文化に対して新鮮な興味を向ける人が現れています。

 

image

ヒッピーとは

ウィキペディアによると、ヒッピーとは「伝統・制度などの既成の価値観に縛られた人間生活を否定することを信条とし、また、文明以前の野生生活への回帰を提唱する人々の総称」だとあります。何やら難しい表現ですが、簡単にすると、「現代社会のルール」に反抗して「ノールール」を求める人の呼称といえます。

この考え方のきっかけとなったのは「ベトナム戦争」。正しい戦争というものが存在するかどうかは分かりませんが、ベトナム戦争は「正義なき戦い」と呼ばれ、多くの若いアメリカ人が「愛」と平和」と「戦争反対」の旗を掲げて、社会が求めるあらゆる「ルール」に反抗したのです。

その行動は、「徴兵拒否」という直接的なものだけでなく、「薬物の使用」や「東洋思想の悟り」によって「精神的な解放」を求め、各地でグループ化して共同体「コミューン」を形成し、全米へ、そして全世界へと広がっていきました。

マスコミュニケーションがワールドワイド化した時代とも重なり、その頒布のスピードは驚くほど早かったものの、ベトナム戦争が終わり、薬物取締りが厳しくなると、その勢いは急激に衰えました。

現在も世界中にヒッピーはかなりの数がいるものの、過激な傾向は減り、思想よりも文化的な存在としての存在色が濃くなっています。

 

image

ヒッピー文化とは

ヒッピーたちが当初目指したのは、「Back to Nature」。「文明以前の野生生活」が理想でしたが、かといって洞穴に住み、狩猟で生活していたわけではありません。

一部はコミューンを形成して自給自足に近い生活をし、また一部は精神的な自由を求めて放浪を続けました。

また、「自然」・「愛」・「平和」・「セックス」・「自由」がヒッピー文化の中心であり、自然への回帰を求めて自然保護活動へと導かれたグループもあります。「フリーセックス」や「薬物によるトランス」を推奨するグループも生まれました。「反体制」の部分が強調されたグループも存在しています。

そんな枝分かれしていったヒッピー文化の中に、東洋的精神的聖地の集まる「シルクロード」への巡礼というスタイルも生まれました。

 

ヒッピーたちは旅の目的に「自然回帰」・「反体制」・「自由」・「トランス」などを掲げ、低予算でそれらの目的にかなう場所としてシルクロード地域を旅先に選びました。それまで、外国人旅行者といえば、探検家かビジネスマンか、ごく一部のリゾートを訪れるセレブに限られていましたが、ヒッピーたちが通り過ぎたあとには、低予算の旅人の受け皿が作られていったのです。

 

今もアメリカやヨーロッパを中心にヒッピーのコミューンが存在し、自然保護や反体制活動などを含めたヒッピー文化を受けついでいます。しかし、ヒッピー誕生当時のような退廃的だったり強行的な活動を行うヒッピーは多くありません。

それでも、ヒッピーは世界に一つの文化として根をおろし、音楽や映画などの芸術や、宗教にも似た思想として存在感を持ち続けています。分かりやすい例ではヒッピーファッションもその一つでしょう。しかし、現在はもう大きな流行や活動には結びついていません。

ヒッピーにとって旅は現実社会からの脱出方法であり、非文明の中で生活する方法の一つでした。

 

image

 

70年代に入ろうとするかの時期にヒッピーは長い髪を切って、もともとあった社会の一員と戻ります。

その背景にはさまざまな理由があるでしょうが、一つには反戦運動や学生運動が過激化した点、ヒッピーがカルト集団化して事件も起こります。「戦場のピアニスト」で有名なロマンポランスキー監督の妻で女優の、シャロン・テートを殺害する事件も起こります。彼女は殺害された当時妊娠していました。

ヒッピーの活動でベトナム戦争は止められなかった点、ヒッピーを引っ張っていたミュージシャンのジャニス・チョップリン、ジミ・ヘンドリックスがドラッグ中毒で死んでいくといったことも一員に上げられるでしょう。

このように理想とはかけ離れていった世界が、ヒッピーの終焉へと導きます。

 

 

このような背景の中で、ファッションは自らのイデオロギーを表現するものとして定着してゆきます。

メインで取り入れられるのはTシャツ、ジーンズやフォークロアなど。ジーンズはもともと作業着等に使用されてきましたが、ヒッピーや反戦を唱えるフォークシンガーが着用し、若者の文化に定着していきます。

フォークロア・ファッションは60年代半ばから広まっていました。フォークロアとは、民俗風習、部族の衣装の特徴を用いたファッションで、インド、アフリカ、東欧、中近東系の衣装やアクセサリーのスタイル・要素が取り入れられます。(70年代、ケンゾーがハイファッションの世界でもフォークロアやエスニックファッションを取り上げます。)

代表的なスタイルは長髪にヒゲをはやし、刺繍の入ったカフタン、バンダナ、スカーフなどになります。カラーは花柄やカラフルで、様々なカラーを混ぜた混沌とした色が使用されました。

また意図的に「服を着ない」というスタイルもでてきました。男性はもちろん、女性でさえも裸になることもありました。ボディペインティングも同時に出てきます。

 

 

これがザックリしたヒッピー文化とファッションですね

 

 

愛と平和

 

LOVE&PEACE

 

 

山田とヒッピー

 

 

YAMADA&hippie

 

 

私もいつかYAMADA文化と言われたいです。

 

 

image

お肌の手入れ大事ですよね?

2017621

おはようございます🌞坪井です^^.

 

最近ようやく梅雨らしい天気が増え、雨も多く湿気でベタついてしまいとても梅雨を感じております😔

 

その為最近湿気や暑さによりお肌や頭皮がペタつくといったお悩みも聞きます。

 

そこでお肌に関してはみなさんお手入れに力を入れているとは思うのですが、忘れられがちなのが”頭皮”です☝️

 

頭皮も汗をかくので皮脂の分泌が行われペタつく原因となります!

 

そんな方に僕がオススメしたいのは”頭皮の化粧水”です!

 

IMG_4559

 

頭皮も肌の一部なのでシャンプーで洗いざらしでは、洗顔後のお顔に化粧水、乳液を付けてないのと同じになってしまいます😳

 

では頭皮の化粧水を付けるとどうなるのか。

 

頭皮の化粧水を付けることによって皮脂の分泌量を安定させる事ができます!

 

例えば皮脂の分泌量が多い方は抑える事ができ、少ない方は頭皮の乾燥を抑える事が出来ます!

 

良い毛髪を育てるには、まず頭皮環境を整える事が大事になります👌

 

もし気になる方はElmeスタッフまでお問い合わせください☺️

休日♪

2017620

 

こんにちは!アシスタントの西尾です😊

お休みに原宿のベリーベリースープ

というカフェに行ってきました!

スープはゴロゴロした具がたっぷりで

サラダもパンもついて大満足です!

 

IMG_1179

 

私の地元静岡で、同じくアシスタントをして

いるお友達が遊びに来たので久しぶりに会いました!

懐かしい話で盛り上がり

もっと頑張ろうとパワーをもらい

素敵な休日を過ごしました♪

 

暑い日が続きますがElmeで元気に

お待ちしております☆

 

 

ありがとうございました!

1 / 3123